このサイトのTOPページへ
[キャロットクラブが一番]のTOPページへ

競馬場で起こった事故に支払われる見舞金があるって本当?

Posted at Comment(0)» Trackback(0)»

---------------------------------
事故見舞金制度  ※詳細には所属する共有馬主クラブ等にご確認ください。
---------------------------------
JRAの施設内(トレセン、競馬場、JRA管轄下の輸送中等)で事故が起こった際は事故見舞金が交付されます。
但し、場合によっては交付されなかったり、減額となる場合もあります。
事故見舞金には以下のようなものがあります。
---------------------------------
1.競走中の事故により死亡し、又は死にひんし救うことができない状態に陥ったものと認められて安楽死の処置がなされた場合
【見舞金の額】  5,900,000円
---------------------------------
2.調教中又は輸送中の事故により死亡し、又は死にひんし救うことのできない状態に陥ったものと認められて安楽死の処置がなされた場合
【見舞金の額】  5,750,000円
---------------------------------
3.競走中の事故により競走の用に供することができなくなった場合
【見舞金の額】  5,000,000円
---------------------------------
4.調教中又は輸送中の事故により競走の用に供することができなくなった場合
【見舞金の額】  4,850,000円
---------------------------------
5.競走中の事故により事故発生から1年以上中央競馬の競走に出走できなくなった場合
【見舞金の額】  3,600,000円
---------------------------------
6.調教中又は輸送中の事故により事故発生から1年以上中央競馬の競走に出走できなくなった場合
【見舞金の額】  3,550,000円
---------------------------------
7.競走中の事故により事故発生の日から9ヶ月以上中央競馬の競走に出走できなくなった場合
【見舞金の額】  3,200,000円
---------------------------------
8.調教中又は輸送中の事故により事故発生の日から9ヶ月以上中央競馬の競走に出走できなくなった場合
【見舞金の額】  3,150,000円
---------------------------------
9.競走中の事故により事故発生から6ヶ月以上中央競馬の競走に出走できなくなった場合
【見舞金の額】  2,700,000円
---------------------------------
10.調教中又は輸送中の事故により事故発生の日から6ヶ月以上中央競馬の競走に出走できなくなった場合
【見舞金の額】  2,650,000円
---------------------------------
11.競走中の事故により事故発生から3ヶ月以上中央競馬の競走に出走できなくなった場合
【見舞金の額】  2,050,000円
---------------------------------
12.調教中又は輸送中の事故により事故発生の日から3ヶ月以上中央競馬の競走に出走できなくなった場合  
【見舞金の額】  2,000,000円
---------------------------------
13.競馬会の施設内において、法定伝染病以外の疾病又は負傷により死亡し、又は死にひんし救うことのできない状態に陥ったものと認められて安楽死の処置が成された場合(第15号に該当する場合を除く)
【見舞金の額】  5,600,000円
---------------------------------
14.競馬会の施設内において、馬伝染性貧血により死亡し、又は殺処分された場合
【見舞金の額】  4,750,000円
---------------------------------
15.競馬会の施設内において、法定伝染病又は天災地変、火災、落雷、暴動等により死亡し、又は安楽死の処分が成された場合(第14号に該当する場合を除く)
【見舞金の額】  5,600,000円
---------------------------------
16.競馬会の施設内において発生した四肢その他の故障により中央競馬の競走馬として不適当と認められ、競走馬登録を抹消する場合(前各号に該当する場合を除く)

※この第16号は平成18年11月1日より廃止され、新たに平成18年11月1日より、「抹消見舞金・付加金制度」が新設されています。
---------------------------------
17.競馬会の施設内において発症した腱炎(屈腱炎を除く)、関節炎、蹄病、骨瘤、骨膜炎、眼病、鼻出血、心房細動、肺炎、胸膜炎、フレグモーネ、肩ハ行及び寛ハ行により、引き続き6ヶ月以上中央競馬の競走に出走できなかった場合
【見舞金の額】  1,250,000円(未出走馬には支給しない)
             625,000円(通算して3回目以上の場合)
---------------------------------
18.競馬会の施設内において発生した屈腱炎により9ヶ月以上中央競馬の競走に出走できなくなった場合
【見舞金の額】  1,400,000円
---------------------------------
※第3号から第12号までの事故とは、骨折、脱臼、外傷又は腱断裂をいう。
---------------------------------

"競馬場で起こった事故に支払われる見舞金があるって本当?"へのトラックバック

トラックバック先URL

"競馬場で起こった事故に支払われる見舞金があるって本当?"へコメントを投稿

(運営者が承認するまではコメントは表示されません。しばらくお待ちください。)

上の情報を保存する場合はチェック

Powered by Movable Type

Template by MTテンプレートDB

Supported by Movable Type入門